Webots 使い方まとめ

1. Webotsのインストール

この節ではWebotsのインストール方法と、USBドングルについて説明する。
対象OSはWindows7,Vista,XP。

1.1 旧バージョンのWebotsをアンインストール

まずはインストールするパソコンに、古いバージョンのWebotsがインストールされている場合は、アンインストールする。
スタートメニュー > コントロールパネル > プログラムの追加と削除 もしくは
スタートメニュー > Cyberbotics > Uninstall Webots

1.2 Webotsの取得

Webotsを製品DVDから取得する場合、DVDの windows > webots フォルダ内にあるwebots-6.3.4_setup.exeを起動する。
自動再生のHTMLファイルから選択してもよい。

Webotsをウェブサイトからダウンロードする場合、http://www.cyberbotics.com/windows/からwebots-6.3.4_setup.exeをダウンロードし、起動する。

1.3 インストール

インストーラーを起動後はひたすらnextを押していけば問題無い。最後にinstallを選択すればインストールが開始される。

インストールが成功すれば下図のような画面が表示される。



1.4 USBドングル

新バージョンのWebotsでは、不正使用防止を強化するため、ライセンスシステムにUSBドングルを採用している。
よってこのUSBドングルを接続したPCのみで、Webotsのすべての機能を使用できる。

1.5 Webotsの起動

USBドングルの接続を確認後、スタートメニューの すべてのプログラム > Cyberbotics > Webots 6.4.1 を起動する。
起動後に表示される下図のメニューから、一番下の"Your Project"を選択する。

正しく起動できれば、下図のような画面が表示される。
もしもUSBドングルを認識して無い場合、機能に使用制限がかかったDemoModeとして起動される。

HOME > 使い方まとめ > 1. Webotsのインストール