ソフトコンピューティング・シミュレータ

遺伝的アルゴリズムで巡回セールスマン問題

遺伝的アルゴリズム(Genetic Algorithm:GA)は生物の進化と遺伝に着想を得た確率的な最適化手法である。
巡回セールスマン問題(Traveling Salesman Problem)はn個の都市を全て回る巡回路のうち最短のものを求める組み合わせ最適解問題である。
  • 画面には現世代の最優秀個体の巡回路が表示される。
  • "START/STOP"で最適化の開始・停止。
  • "UP"、"down"で都市数を変更し、"reset"で新しい問題をランダムに作成。
  • 遺伝子は順列表現で、交叉手法に順序交叉、突然変異手法に逆位・交換を用いている。
  • 個体数は100。

HOME > ソフトコンピューティング・シミュレータ > 遺伝的アルゴリズムで巡回セールスマン問題